日本語 | English
島田研究室    
―メゾスコピック系物性研究室―
Experimental Mesoscopic Physics Group, Department of Engineering Science, UEC Tokyo
 

メッセージ

新型コロナ・ウィルス(COVID-19)禍を皆で乗り越えましょう。そのために、根拠のある情報が有益です。山中伸弥教授のHPを見てください。
 
     大学院生募集中!
 
COUNTER550491

What's New

 
No news to show.

IMAGINE

島田研究室HPにようこそ
島田研究室は、情報理工学部/大学院情報理工学研究科の研究室です。
III類/基盤理工学専攻に属しています。
微細系、低次元系での電子物性とその高度デバイス応用を研究テーマにして
いるサイエンス&エンジニアリング志向の実験電子物性工学系の研究室です。

   
微小Josephson接合列を用いた電流10倍器        電子線リソグラフィ作業風景
              
マイクロプロセッサに代表される半導体デバイスは、いわゆるMooreの法則に
従って年々集積度を増し、個々の素子サイズはnm領域に入り、量子効果が
顕在化するサイズになりつつあります。エレクトロニクスの今後を担うデバイスとして、
量子効果を積極的に動作原理に組み込んだデバイスの開発が求められています。
その典型例が、現在世界的に研究開発が進められている超伝導に基づいた量子
コンピュータでしょう。
島田研では、半導体デバイス製造プロセスで用いられる微細加工技術や成膜
技術を駆使して、微細な構造をもつ金属、超伝導体、磁性体などからなるnm領域
のデバイスを人工的に作製しています。
そのようなデバイス中の電子の伝導過程に現れる量子効果を極低温測定を通じて
明らかにすることによって、未来のエレクトロニクスの礎を作るとともに、発現する特殊
な伝導過程を利用して高度機能デバイスを開発する応用研究を行っています。

発足以来、同じ電子工学プログラムの水柿研究室と共同で研究活動を行っています。
また、物理工学プログラムの小久保研究室とも研究協力しています。
 

研究室日誌

島田研近況 >> Article details

2020/06/13

Godwill君論文出版

Tweet ThisSend to Facebook | by Shimada
休学中の博士課程のGodwill Kanyolo君が第一著者の論文
Cooper‑Pair Tunneling in Small Josephson Junction Arrays Under Radio‑Frequency Irradiation
が、Journal of Low Temperature Physics誌でオンライン出版されました。

19:24 | 今日の出来事